THE LAZARE DIAMOND(ラザールダイヤモンド)

ラザールダイヤモンドについて

ラザール・キャプラン・インターナショナル社について

ラザール・キャプラン・インターナショナル社(以下、LKI社)は1903年の設立以来、至高の品質を求めつづけ、世界随一のダイヤモンドカッティング企業へと成長してきました。 あなたがラザールダイヤモンドを所有するということは、The World's Most Beautiful Diamond.また、ダイヤモンド業界における数々の輝かしい栄誉を、私たちと共有していただくことでもあります。

革新の一世紀が綴る、ラザールダイヤモンドの伝統と歴史

ダイヤモンドに、理想的なプロポーションのカットを初めて成功させる。 ダイヤモンドへのレーザー刻印を初めて可能にする。 かつてない輝きを誇るダイヤモンドをブランド化して、初めて売り出す...。 LKI社はいつも至高を追求しながら数々の輝かしい歴史を刻み、業界のリーダーとして君臨しつづけてきました。

「私は、一つ一つのダイヤモンドの美しさを最高に引き出すカッティングに夢中になっている。」 こんな言葉を、創立者であるラザール・キャプランは残しています。

現在でもLKI社は、The World's Most Beautiful Diamond.カッティングに全力を注ぐことに余念はありません。 すべてのラザールダイヤモンドに、光沢、きらめき、輝きを引き出すカッティング(アイディアルメイク)を実現することで、比類のない高品質を維持しつづけています。

Mr.ダイヤモンド

Mr.ダイヤモンドと呼ばれたラザール・キャプラン翁

1903年、ラザール・キャプラン翁が20歳にしてカッティング会社設立以後、カットへの限りない情熱を持ち続け、原石726カラットにもなるヨンカー・ダイヤモンドのカットに成功。 以来1世紀にわたり、高品質のダイヤモンドを市場に送り続けてきました。

1903年、20歳にしてカッティング会社設立

世界一のダイヤモンド取引所であったアントワープで名を馳せていたダイヤモンド・カッターはキャプラン翁と縁戚関係にあたるトルコフスキー家。 その一員である数学者マルセル・トルコフスキーはダイヤモンドから最大の光の反射と輝きを得るための数学的理論を考案した人物です。

幼い頃からラザール・キャプラン翁は、トルコフスキー家のもとに出入りして、ダイヤモンド研磨の技術を学び、弱冠20歳にして独立。 22歳になった頃には、アントワープで最も優れたダイヤモンド・カッターとして評価を得ていました。

カットへの限りない情熱

そのカットにわずかな計算ミスや狂いがあったら、こなごなになってしまうと云われたヨンカー・ダイヤモンドのカッティングは、あらゆる保険会社が保険加入を拒否するというほど非常に危険性をはらんだ作業でした。 そのカッティングに際して、約1年にも及ぶ綿密な研究を行いカットに成功。 この難しい偉業を成し遂げた業績からキャプラン翁はカッターの魔術師とも、あるいはMr.ダイヤモンドとも呼ばれるようになりました。

726カラットのヨンカー・ダイヤモンドのカッティングに成功

ダイヤモンドにとって最も重要なのは、そのきらめきをあますことなく発揮するカットの技術です。 ラザール・キャプラン翁は、数学者のマルセル・トルコフスキーが完成させた「理想の輝き」といわれるアイディアリー・プロポーションズを忠実に継承し、ダイヤモンドの理想的な輝きを引き出すことに成功しました。

カットされたダイヤモンドは、何度も綿密な検査を受け、厳しい審美眼にかなった最高品質のもののみが世界の市場へ送りだされます。 この検査にはどのような妥協も許されず、その厳しさがラザールダイヤモンドの信頼へとつながっています。

そして、ダイヤモンドの世界標準

ラザールダイヤモンドは、ダイヤモンド鑑定の基準を定めたGIA( 米国宝石学会 )の マスターストーンとして使用されています。

キャプラン翁が示したカットへの情熱は、1914年ラザール・キャプラン・インターナショナル社に受け継がれ、ダイヤモンド鑑定の基準を定めた米国鑑定機関の基礎づくりにも大きな役割を果たしてきました。

また、1972年、ダイヤモンド・カッティング会社として、アメリカ証券市場で世界初の上場。アメリカにおけるダイヤモンド関連企業としては最大規模です。 そして今なおラザール・キャプラン・インターナショナル社は、唯一の上場企業であり、アメリカ・ニューヨークを代表する、ダイヤモンドの名門です。

美しさの秘訣

最適なラザールダイヤモンドを、お選びいただくために

美しく、魅惑的。繊細で、神秘的。 そんなイメージがあるダイヤモンドは、同じものが2つとない貴重な存在で、ときとして崇拝の対象にもなってきました。 ただ、ダイヤモンドの購入については、情報不足や予算の問題などから、少しとまどう方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、お客様に「正しい判断をした」という自信と安心感を持っていただくために、わかりやすく丁寧に説明させていただいています。

ダイヤモンドのかけがえのない美しさは、自然と人間の両者のチカラによって結実します。 地中から発掘されたばかりのダイヤモンドの原石は半透明の石で、人々が貴重視する宝石としてのダイヤモンドとは似ても似つきません。 慎重なカッティングと丁寧な研磨をしてはじめて、光沢、きらめき、輝きが生まれます。

ダイヤモンドが秘める美しさを最大限に引き出すことができるのは、理想的なカットを施されたものだけ。 ラザールダイヤモンドはすべて、熟練した職人の確かな技術によって、原石から加工しています。 100年の伝統と技術に裏づけされた1世紀を経て今もなお人々を魅了しつづけるアイディアルメイクが、世界でもっとも美しいダイヤモンドと言われるゆえんです。

輝きの違い、その秘密とは?

鑑定書だけではダイヤモンドの価値は判断できません。 価値あるダイヤモンドは「原石」が違います! アフリカやロシアのダイヤモンド産出国から、ダイヤモンド流通の中心地ロンドンの「 DTC 」に、選び抜かれた原石が集まります。 ロンドンの「 DTC 」に集まった貴重な原石は特定のメンバーに販売されます。 ラザール・キャプラン社は、世界でも限られた主要サイトメンバーであるため、質の高い原石を入手できる有利な立場にあります。

アイディアリー・プロポーションズ

そして、ラザールダイヤモンドは、産出量1%にも満たない素直に成長したオクタヘドロン、ドデカ へドロン等の最高品質の原石を使用しているので、カットした時のダイヤモンドの輝きがひときわ美しいのです。

ダイヤモンドの原石は、キンバーライトという硬い岩石の中に含まれています。 1カラット( 0.2グラム ) のダイヤモンドを見つけ出すためには、岩石を250トンも採石し、砕き、分離や選別を何度も繰り返さなければなりません。

しかも発見された原石のうち使用できるのは、わずか25%にすぎず、大変な時間と労力がかかります。 ダイヤモンドのサイズよりも、最も美しい輝きを引き出すことにこだわるのが、ラザールダイヤモンドの哲学なのです。


ダイヤモンドの価値を決める4C


カット

理想的なカットに近づくほど最高の輝きを引き出します。

カットは4Cの中で唯一、人間の技術が決めるものです。
ダイヤモンドの輝きはカットに左右されるため、「4Cのなかで最も重要」とされ、職人の腕の見せ所とも言われています。
良いカットのダイヤモンドは、トップから入る光を最大限に反射させることができます。
しかし、そのためには非常に高度な計算と、それを実践する技術を要します。理想的なカットは、各部の数値で判断します。

市場に出回るダイヤモンドの多くはカラット(重さ)優先で、理想的なプロポーションでないものがほとんどです。
つまり、大きく重い石にするため、あえて輝きを犠牲にしているのです。

ラザールダイヤモンドには、「輝き」を優先したオリジナルのカット「アイディアルメイク」が施されています。
「アイディアルメイク」は1919年に数学者マルセル・トルコフスキーにより数学的に証明されたカット理論で、今日ではラウンド・ブリリアント・カットの最高峰と言われています。

カラット

ダイヤモンドの重さを表します。1ct=0.2gです。
カラットは、ダイヤモンドの「重さ」を表す単位で、1カラットは0.2g、1gは5カラットです。
一般的にカラットの数字が大きいほど希少価値が高いとされています。

カットで輝きを引き出す技術が未熟だった時代、カラットはその価値を判断する上でとてもわかりやすい物差しでした。
しかし、カット技術やセッティング技術が進化した現在は、単にカラットだけでなく、石そのものの美しさ(カラー、クラリティ)や輝きの良し悪し(カット)も重視され、そのまま価格に反映されています。
従って、本当に価値あるダイヤモンドをお探しの場合は、「4Cのバランス」を充分に検討されることをおすすめいたします。

カラー

どれだけ無色に近いかを表します。

ダイヤモンドの色のグレードは無色(最も入手困難で貴重)から黄味がかったものまで、DからZまでのアルファベットで等級づけされます。
米国鑑定機関では、この等級を調べるマスター・ストーン(基準石)にラザール・キャプラン・インターナショナル社が提供したダイヤモンドを採用しています。

クラリティ

内包物が少ないほど透明度が増します。

ほとんどの天然ダイヤモンドには結晶形成時に生じるフェザーや炭素などの内包物があります。
内包物の数、大きさ、位置などによってそのダイヤモンドのクラリティ-「透明度」-のグレードが決定され、透明度が高いほど価値が上がります。

NASAの電子顕微鏡が照明する「輝きの違い」

ダイヤモンドの表面比較写真

ラザールダイヤモンド

一般のダイヤモンド

ラザールダイヤモンドの工程数が一般のダイヤモンドの工程より、2回研磨が多いので、ダイヤモンドの表面が滑らかになり、「 輝き 」に一段と違いがでてくるのです。
顕微鏡写真により、表面の滑らかさが確認できます。

美しい輝きと確かな価値の証明を刻印する、世界初のレーザー刻印システム

「信頼の証明」鑑定書と同じ番号がダイヤモンドそのものにも刻印されています。 ダイヤモンドのガードル部分に、ラザールダイヤモンドのブランド・マークと所有者だけのID番号を、世界初のレーザーで刻印しています。 このID番号は、ラザールダイヤモンドが発行する証明書と同一番号のため、ダイヤモンド鑑定書の不一致によるトラブルがありません。安心してご愛用いただけます。

刻印文字はルーペで10倍以上に拡大してはじめて読める程度の微細なもので、ダイヤモンドの輝きや品質への影響はありません。

なんと!
ダイヤモンドにお好きなメッセージの刻印が可能!

ダイヤモンドにお好きなメッセージ( 英数字14文字以内 )をお入れすることができます。 世界でただ一つ、あなただけのスペシャルダイヤモンドの完成です!

ENGAGEMENT RING COLLECTION

LD346
CARILLON カリヨン

LD168
BAY BREEZE ベイブリーズ

LD349
DORILTON ドリルトン

LD529

LD347
SYMPHONY シンフォニー

LD369

LD386

LD441

LD600
CHARLOTTE シャーロット

LD233
IVY アイビー

LD348

ベルティーサイトウ オリジナル

ページトップへ